SUBARU

エクシーガの新型最新情報!2015年にCROSSOVER 7をベースに発売か

更新日:

スバルのエクシーガが7年の歳月を経てついにフルモデルチェンジされ新型となる。
発売時期は2015年の6~7月の見込みでありCROSSOVER 7 CONCEPTをベースにしたものになりそうだ。
今回は新型エクシーガの最新情報をお届けする。

 

 

<エクシーガの新型最新情報!2015年にCROSSOVER 7をベースに発売か>

exiga2

 

エクシーガ現行モデル

現行エクシーガがデビューしたのは、今から7年前の2008年6月のことである。

翌年の2009年9月の年次改良にはEyeSightが搭載され、さらに同年12月には2.5ℓNAエンジンを搭載したモデルが追加された。

2010年にはターボ車の一部改良、そして2011年にマイナーチェンジが行われ、デザインの一部が変更され質感も向上された。

その後も2012、2013、2014年と毎年年次改良が行われ現時点に至っている。

 

これだけ長期間、年次改良が行われるのは他のスバル車に比べるとめずらしいが、2015年待望のフルモデルチェンジが行われる。

 

そのフルモデルチェンジが行われた新型エクシーガの姿は、2013年に開催された東京モーターモーターショーで展示されていたCROSSOVER 7 CONCEPTがほぼそのまま適用されるとみられている。

 

SubaruConcept7-3
CROSSOVER 7 CONCEPT

 

デザインを見た感想は、新型レガシィのミニバンタイプと言った感じであるが、もともとエクシーガは4代目レガシィから派生したミニバンのようなものなので、そう考えてみるとしっくりくる。

 

ただ、見た目はレガシィ風だが、中身はレヴォーグがベースとなる。

 

車体のサイズは全長、全幅、全高がそれぞれ、4780mm、1800mm、1705mmとなっているものの、実際市販化される時には、全長、全幅はほぼそのままで、全高が1650mmあたりに改善される可能性が高い。

 

CROSSOVER 7 CONCEPTのエンジンは2.5ℓ水平対向エンジンだが、これに加えてレヴォーグに搭載されている1.6ℓもしくは2.0ℓの直噴ターボも追加されそうだ。

 

EyeSight Ver.3の搭載は間違いないだろう。それに加えて、レヴォーグの2015年モデル(B型)から追加されるアドバンスド・セイフティ・パッケージもオプションで追加可能になるだろう。
 

<CROSSOVER 7 CONCEPTが新型エクシーガではなく後継的車になる場合も>

 

CROSSOVER 7 CONCEPTをベースにしたものが新型エクシーガになると考えられているが、一部の最新情報によると、エクシーガは2015年に最終的な年次改良がされてその後ははいばんされ、エクシーガの後継モデルとしてCROSSOVER 7 CONCEPTの市販車が発売されるという情報もある。

 

考え方によっては、CROSSOVER 7 CONCEPTをベースにしたものがフルモデルチェンジ後の新型エクシーガであり、CROSSOVER 7 CONCEPTのほぼそのままの市販化モデルがエクシーガアウトバック、もしくはエクシーガXV的な形で出るという可能性もないとは言えないだろう。

 

2014年は、レヴォーグに、インプレッサから独立した新型WRX、そして新型レガシィとスバルにとってかなり熱い年であったが、2015年はCROSSOVER 7 CONCEPTの市販化が目玉となりそうだ。
 

-SUBARU
-,

Copyright© 自動車大百科 , 2019 AllRights Reserved.