HONDA

フリードのモデルチェンジは2015~2016年!ターボ採用へ

更新日:

ホンダのフリードが2015年にいよいよフルモデルチェンジを迎える。
ハイブリッドモデルや、フリードをベースとしたフリードスパイク等があり、コンパクトで乗りやすいミニバンとして大人気だ。
モデルチェンジでどう進化を遂げるのか期待をするファンは多い。

<フリードのフルモデルチェンジが2015~2016年に!>

フリード

 

今回のフリードのフルモデルチェンジの目玉はダウンサイジングターボになりそうだ。
搭載される可能性の高いのは1.0ℓの直3のダウンサイジングターボエンジンだ。

実はホンダは平成25年に1.0ℓのダウンサイジングターボであるVTEC TURBOを開発したことを公表していた。

フルモデルチェンジしたフリードにはこれが導入されることになる。

実はダウンサイジングターボについては、最近でこそスカイライン等に採用されて、日本でもようやく知れ始めだしたものの、海外では流行っているということをご存じだろうか。

トヨタもその流れに乗って、昨年レクサスNXにダウンサイジングターボエンジンを搭載させ、今後、オーリス、クラウン等続々と搭載させていく姿勢を見せている。
 

ハイブリッドモデルも用意

 

ホンダも負けるわけにはいかず、2015年以降にダウンサイジングターボを採用していく姿勢を見せており、次期フリードでも搭載という流れになるのは必然かもしれない。

ちなみにフルモデルチェンジ後の新型ステップワゴンでは1.5ℓのダウンサイジングターボが搭載されると言われている。

もちろんターボだけではなくハイブリッドモデルも用意される。
そのハイブリッドシステムについては、現在フィットで採用されているSport Hybrid i-DCDになるだろう。

ターボモデルとハイブリッドモデルの2ラインナップが売りとなることが予想される。
例として挙げると車格は大きく違うものの、スカイラインがいい例だろう。

あと、実はターボエンジンと聞くと燃費があまりというイメージをしてしまうかもしれないが、実は、新型フリードに搭載される1.0ℓターボエンジンの燃費は30km/ℓにせまると見られている。

走りを楽しめる上に燃費もいいとなれば、多く注目されること間違いなしである。

気になるフルモデルチェンジがされる時期であるが、2015年の春~2016年の春の間になる。

今の所、2015年の3月にステップワゴンがフルモデルチェンジし、初の1.5ℓのVTECTURBOを搭載した後、翌月の4月にフリードが1.0ℓのVTECTURBOを搭載して登場という記事がヤフーニュースに掲載されていたことから、この情報を個人的には信じたい。

また続報が分かり次第、更新する。

関連記事
フィットシャトルの新型が2015年に!最新情報掲載

-HONDA
-,

Copyright© 自動車大百科 , 2019 AllRights Reserved.