HONDA

フィットシャトルの新型が2015年に!最新情報がついに出た!

更新日:

2015年5月15日、フィットシャトルの新型の発売日がついに確定した!

しかも最新型の名前からはフィットの名前がなくなり「SHUTTLE」として新たに登場することになる。
初の4WDモデルをラインナップに入れるなど、かなり気合の入ったモデルになっている。

 

フィットシャトルの新型が2015年!最新情報

ホンダ シャトル

 

これが2015年5月15日に登場する新型フィットシャトルことSHUTTLEである。

 

フィット3を上質に磨き上げ、王道のワゴンスタイルにしたエクステリアは、かっこよく美しい。

 

フィットをベースにした上級車としては、ヴェゼルとグレイスがあるが、またそれらとは異なったキャラクターを感じさせるものがある。

 

リアついては、フィット3の面影がかなり残っている。

 

インテリアの画像はコチラだ。

 

ホンダ シャトルのインテリア

 

木目調パネルが上質感をより引き立てている。

 

単なるフィットシャトルのフルモデルチェンジではなく、フィットの上級に位置するという思いで今回ホンダは制作したのではないだろうか。

 

長年、シビックやフィットの名前の後ろについていた所から、「SHUTTLE」として独立するからには、ユーザーに今までとの違いを認識させる必要があるからだ。

 

ラインナップされるのは

SHUTTLE2015

 

今回ラインナップされるのは、ガソリンモデルでは、1.5ℓの直噴エンジンのGモデル。

 

ハイブリッドモデルでは、Z、X、そして標準モデルが用意される。

 

今回のハイブリッドモデルのシステムは、1.5ℓの「スポーツハイブリッドi-DCD」が採用される。

 

ガソリンモデルは、一番簡素な装備となっており、X、Zと進むごとにクルーズコントロールがや本革巻ステアリングホイール、運転席と助手席にシートヒーター等が装備されることとなる。

 

何よりも注目は、全てのモデルに4WDが設定できることである。

 

最新情報によると、ターボエンジンモデルもいずれは出る可能性が高いとのこと。

 

ホンダセンシングの装備は?

 

気がかりなのは、シャトルの公式ページでもホンダセンシングの搭載が謳われていないことだ。

 

今後新たに発売されるホンダのほとんどの車には装備されると見られているだけに、気になるユーザーも多いはずだ。

 

また、わざわざHYBRIDのXとZモデルにクルーズコントロールが主要整備されると書かれているところも気になるポイントだ。

 

ホンダセンシングが装備されればアダプティブクルーズコントロールが利用可能になるので、クルーズコントロールの機能があったとしてもそれほど優位な装備とは言えない。

 

まあ、あくまでもホンダセンシングをオプションで付けないユーザー向けだとは思うが・・・

 

5月15日の発売までに徐々にシャトルの詳細が明らかになっていくので、更なる最新情報に期待しよう。

-HONDA
-

Copyright© 自動車大百科 , 2018 AllRights Reserved.