SUBARU

インプレッサスポーツハイブリッドの評価は高めからスタート!発売後も保てるのか注目

更新日:

スバルがインプレッサスポーツにハイブリッドモデルをラインナップさせ、大きな注目を集めている。

 

セダンのG4にハイブリッドの設定がないという驚きはあったものの、2015年6月の発表後の評価は好発進と言える。

 

XVハイブリッドの登場以来、スバルの中で2台目となるハイブリッド車であるが、インプレッサスポーツハイブリッドの評判次第で、今後を大きく左右されることになりそうだ。

 

いずれフラグシップのレガシィ等にもハイブリッド化が予想されるだけに、どこまでの評価を得られるのかが焦点である。

 

<インプレッサスポーツハイブリッドの評価は発売前時点では高い>

[iframe id="https://www.youtube.com/embed/C53Ax60SHw0" align="center"]

インプレッサスポーツハイブリッドの現時点での評価は高い。

 

その理由は以下の通りである。

 

・コスパの高い価格帯であること。

 

高性能の安全機能を備えたアイサイトが搭載可能など、元々コストパフォーマンスが高いと言われるインプレッサ。

 

それが、ハイブリッド化したにも関わらず、価格を2,505,600円と、ガソリン車の2.0i EyeSightモデルの2,257,200円よりわずか25万円程度の上乗せで済んでいる点は評価すべき点だろう。

 

・専用デザインと専用のセッティングを用意

 

単にガソリンモデルをハイブリッド化しただけではなく、専用のデザインを用意し、さらに、セッティング等にも手が加えられている。

 

まずは、デザインを見比べてみてほしい。

 

imprezza
インプレッサスポーツ
imprezza hy
インプレッサスポーツハイブリッド

ハイブリッドモデルでは、ドアハンドルをメッキ化させるなど、多少のプレミアム感を感じさせるとともに、フォグランプの前のモールの牙デザインが、レヴォーグ風になっている。

 

全体的にエコスポーツに、どこかガソリンモデルよりもプレミア感を持たせたというイメージである。

 

さらにセッティングについても、ダンパーフリクションの低減等、足回りはよりスポーティになり、また吸音&遮音材追加によって静粛性が向上するなど、快適性能も上がっている。

 

後は、実際に発売後に実際の乗り心地を確かめるのみであるが、現行のインプレッサスポーツの乗り心地を上回っていると考えると、高評価になることは間違いなさそうだ。

 

imprezza hy2

<しいて惜しい点を言えば>

 

とここまで高評価部分ばかりを取り上げてきたものの、個人的にもちろん全てが完璧とは思っていない。

 

それは、アイサイトのバージョンが最新の3ではなく、2であるからだ。

 

2と言っても、歩行者&自転車対応の自動ブレーキ+全車車速対応のクルーズコントロールという、十分すぎる機能ではあるものの、どうせなら最新型を搭載してもらえれば最高だったのにと思う。

 

それは、コストを下げるためや、レヴォーグと競合しないためだからだろうが、どうせなら実現してほしかったところだ。

 

eyesight3

今後のスバルのハイブリッドの予定は

2015-06-23_19h28_54

 

2014年にスバルが発表した中期経営計画の「際立とう2020」では、「アライアンスによる世界最高環境技術を融合した、スバルらしいハイブリッド車」を製造する旨が謳われており、図を見る限り、2017年頃に新たなハイブリッド車を発売させることが伺える。

 

今回の、インプレッサスポーツハイブリッドについては、あくまでもエコカー減税対策の意味合いで発売された感が強いものの、予想以上に「スバルのハイブリッドは良い」と高評価が得られれば、計画前倒しも考えられるだろう。

 

それどころか、レヴォーグ、レガシィ、エクシーガ、フォレスター等々、主力の車種に次々にハイブリッドモデルが追加されていくだろう。

 

万が一、今回思った以上の評価が得られなかったとしても、世界最高のHV車を作ると意気込んでいる所から考えて、リベンジを仕掛けるはずだ。

 

どちらにせよ、スバルは今後ハイブリッドにも力を入れていくことになるのは間違いない。

 

来年フルモデルチェンジ後のインプレッサにもハイブリッドモデルがラインナップされるのかが気になるが、個人的には、レヴォーグのハイブリッド化に期待したい。

 

-SUBARU

Copyright© 自動車大百科 , 2018 AllRights Reserved.